こだわりネックストラップのネームワン

毎日お使いのストラップ
不満や悩みはありませんか?
ネームワンは毎日使うモノだから
いつも快適に使って欲しい
そんな想いで
より良い情報を発信していきます。

Original

ネックストラップに「名入れ」したいと思っても独りじゃ出来ません!

こんにちは、スタッフの坂本です。

気温も少し過ごしやすくなり、つい一ヶ月前に海水浴に出かけていたのが
2,3ヶ月前の用に感じます。

さて、先日の事になりますが親子遠足がありまして
その際に保護者会の係りに任命されていたんで、
名札とネックストラップを渡されました。
今回は、その時に保護者会の役員の方と交わした
ネックストラップの名入れについてお話しようかと思います。

 

名入れされたストラップと無地ストラップは別物!?

先日、親子遠足の係りに任命され、保護者会の役員の方から
クラスの係りだと見てすぐ分かるように
遠足の間は、常に首から下げていて下さいと
ネックストラップと名札を渡されました。

そして、受け取る際に注意されたのが

「必ず要返却でお願いします!」との事でした。

なぜ、そのような注意が必要かと言いますと
無地のストラップは、使い捨てだと思い込んでる方も少なくないようで
「要返却」としておかないと返却されずに
保護者会の係り用のストラップの在庫がすぐになくなるそうです。

最近では、イベントや会社訪問などでも
関係者だと区別する為に主催者や訪問先の会社の方から
ストラップを用意される事も一般的になってきました。

特に不特定多数の方が多く来られるようなイベント等では
用意されるストラップも二つに分かれます。

非常に安価なヒモで見るからに「使い捨て」だというストラップもあれば、
記念品にも出来そうな名入れやフルカラーで作られたストラップもあります。

イベント等でこのような「使い捨て」だとされるストラップが
配布されることも一般的になっておりますので
「使いまわすストラップ」でも、「無地のストラップ」だと
注意しておかないと処分されてしまい、
使いまわす在庫が減っていってしまうと言う事です。

名入れされたストラップと無地のストラップは、
「別物」という扱いがされる事も少なくないようです。

個人的に名入れが欲しくても、名入れ出来ない事ってありませんか?

先日、保護者会の役員の方とストラップの受け渡しの際に話をしていたんですが、
その役員の方は、行事がある度に毎回ネックストラップをされるそうで
個人的には、自分用の「~保護者会」と名入れされたストラップが欲しいという事でした。

でも、欲しかったので自分用に作りましたで済むような単純な事ではないんですよね。

会社や団体、チーム名を名入れするには、欲しかったから作りましたと
自分が費用を出して、自分が使用するモノでも、
個人の判断で会社や団体、チーム名が入ったモノを
勝手に作る事は、基本的に出来ません。

欲しいので作っても良いですかという「承認」が必要になります。

会社で作るのであれば、会社が「名入れストラップ」を
製作すかどうか判断しますし、費用も会社の負担となるので
「承認」をとる事は問題はないでしょう。

しかし、保護者会のように「名入れストラップ」の
必要性を判断するには、その為に会議なども必要になりますし、
費用の負担も欲しいと思う人の実費にするのか
保護者会費で支払うのか、費用面でも様々な問題があるでしょう。

個人で費用は負担するんで承認だけして下さいという事も
いろんな兼ね合いで問題が費用面だけに留まらない事もあるようで
「名入れストラップ」が欲しいけど作れないのが現状のようです。

「承認」がとれても、まだ問題が!?名入れストラップは作れるのか。

保護者会の役員の方は、現状いろいろな兼ね合いで
「名入れストラップ」を作る「承認」が保護者会で得られないそうですが、
もし、仮に保護者会で「名入れストラップ」を作る「承認」が得られたとしても
まだ、一つ問題があります。

何が問題になるかと言いますと「必要本数」です。

弊社では、名入れストラップの製作は30本からとさせて頂いております。

1本からされているところもあると思いますが、
製作方法が違ったり、1本あたりの単価が非常に高くなりますので現実的ではないです。

実際、保護者会の役員の人数は、15名程なので
必要本数は、予備を5本としても 20本が必要本数になります。

例えば、保護者会が弊社で「名入れストラップ」を製作して頂けるのあれば、
最低ロット数が30本ですので、10本が余ってきます。
余ると考えるかどうかは、人それぞれですが、単純に予備が増えると考えて
予備が15本となり、予備と実際に使用する本数が一緒になります。

必要本数が25本の方でしたら、5本だけを予備と考えられるので
予備は必ず必要になりますので、何の迷いもなく「30本」で発注出来るでしょう。

でも、必要本数が10本、15本くらいだと、「30本~」となると迷いますね。

いざ、名入れネックストラップを作ろうと思っても
この本数が課題となって発注出来ないという方も少なくありません。

弊社でもシルク印刷ではない方法で以前は、1本での製作をお受けしておりましたが、
1本あたりの単価が高いという事と1本のみで購入された方でも後から
洗い替えや破損したのでもう1本欲しいというケースもあり
1本のみの製作は現段階では望ましくないとして行っておりません。

10本、15本が本当の必要本数だというお客様には
30本~の製作となると何かと発注するにあたりご不便をお掛けしていると思いますが、
ご了承いただきたく思います。

 

 

いかがでしたでしょうか。

個人で名入れストラップが欲しいと思っても、
独りでは、なかなか難しいのが、現状です。

名入れしたいと言うお客様のお気持ちも分かりますので
私たちは出来る限り、その想いをカタチにしたいと考えております。

次回は、名入れの効果と名入れに対する想いを考えたいと思います。

 

 

ネックストラップに関するお悩みはこちら

ネックストラップのこんな事で悩み解決しませんか。


・もっと便利にストラップの使いたい
・ネックストラップをつけると肩がこって痛い
・毎日使うのですぐにボロボロになる
・ネックストラップの臭いが気になる
・おしゃれなストラップが欲しい。

私たちはネックストラップに関するスペシャリストです。
ぜひお悩みをお聞かせください。

繊維素材ではない抗菌ストラップ

こだわりのネックストラップネームワンへ

イメージを形にしたい方はコチラ

この内容で送信します。よろしいですか?