こだわりネックストラップのネームワン

毎日お使いのストラップ
不満や悩みはありませんか?
ネームワンは毎日使うモノだから
いつも快適に使って欲しい
そんな想いで
より良い情報を発信していきます。

Original

首が擦れて痛い!ネックストラップのお悩み

 

 

 

 

 

こんにちは、スタッフの石川です。

皆さんはネックストラップに限らず、首が擦れて痛いという経験ありませんか?
服だったりストラップだったり、素材によってはネックストラップも
首が擦れて痛くなることありますよね。

そこで今回は首の擦れを極力抑える方法をご紹介。

 

 

 

目次

 

 

なぜ首が擦れるの?

 


ポリエステルやナイロン、綿や麻などの繊維を使用して作られているストラップは
生地として織るので生地の端で首が擦れるんです。

生地になるとどうしても凹凸が出てきますので、
これも擦れる原因と言ってもいいでしょう。

特にセキュリティ認証する際などに先端部分を持ち上げるので首が擦れてしまいます。

 

 

編み物と織物で擦れ具合が変わる

 

 

袋紐タイプと平紐タイプというものが多く見受けられますが、
基本的に擦れにくく伸縮性があるのが袋紐(編み物)タイプなんです。側面をみていただくとわかりますが、編み物の場合端が丸くなっています。

 


次に織物

こちらはよく「〇〇平織り」「〇〇朱子織」と呼ばれるものが多く、
織っているので丈夫な仕上がりになっています。
糸のほつれも袋紐に比べると少なく、印刷の幅広さもあります。

側面も角があるので、これが擦れる原因になります。

 

 

 

 

 

首擦れ対策

 

 

平紐タイプを使っている方は、袋紐タイプにしてしまう。
端が丸いので角で擦れるという痛さはなくなります。

 

 

季節によって服装の問題もあるが、できるだけ服の上からネックストラップをかけるようする

ただ服の上からかけていると肩こりが酷くなるような気がします・・・

 

 

脱着機能付バンドクリップをつけて使わないときはポケットに止めておく。

直接着けていても首のすれは少なくなりますし、紐が少し浮いた状態になるので肩こりも解消できます。

 

 

 

擦れにくいストラップ

 


実際擦れにくい樹脂性のストラップもあるが、職業や使用場面によっては繊維でできた紐が
ベストな場合もあるので、シーンによっての使い分けですね。
当然フルカラー印刷やカラフルな印刷をする場合は必然的に繊維になってきます。

 

樹脂性のストラップ
クリネックはこちら

 

 

 

まとめ

 


紐の種類を変えてしまうのもいいですが、見た目にあった紐も大事です。
なのでできるだけ服の上から着けることをお勧めします。

もう一つの手としてはスポーツなどでよく使われる皮膚保護クリームなどを使用してもいいかもしれませんね。

着けていて苦痛ということはなくなるようにストラップを作っていきたいです!

以上、「首が擦れて痛い!ネックストラップのお悩み」でした。
 

ネックストラップに関するお悩みはこちら

ネックストラップのこんな事で悩み解決しませんか。


・もっと便利にストラップの使いたい
・ネックストラップをつけると肩がこって痛い
・毎日使うのですぐにボロボロになる
・ネックストラップの臭いが気になる
・おしゃれなストラップが欲しい。

私たちはネックストラップに関するスペシャリストです。
ぜひお悩みをお聞かせください。

繊維素材ではない抗菌ストラップ

こだわりのネックストラップネームワンへ

イメージを形にしたい方はコチラ

この内容で送信します。よろしいですか?