こだわりネックストラップのネームワン

毎日お使いのストラップ
不満や悩みはありませんか?
ネームワンは毎日使うモノだから
いつも快適に使って欲しい
そんな想いで
より良い情報を発信していきます。

Original

自分だけのオリジナルを作る楽しさと難しさ

目次

  • 自分だけの為の、オリジナルを作るには
  • 簡単に作れるから、作る過程も楽しくなります。
  • 作ってみると分かる、オリジナルを作る楽しさと難しさ


 

 

こんにちは、スタッフの坂本です。

先週末の日曜日は、体調不良でゴールデンウィークに
子供をどこへも連れて行ってあげれなかったので
地元のイベントと公園のハシゴという
体力的にはかなりハードな一日を過ごしました。

子供は疲れ知らずなので、こっちはヘトヘトです。


さて、前回は、自分なりにどういった商品を
オリジナル商品というのかを考えてみましたが、
今回は、オリジナルを作る楽しさと自分の失敗談を紹介したいと思います。

 

 

自分だけの為の、オリジナルを作るには

 


自分だけのオリジナルを作るには、
必ず自分で作らないといけないというわけではございません。

自分が作らなくても
他人が、自分のためだけに作ってプレゼントしてくれる事もあるでしょう。
コチラも自分では作っていませんが、自分だけのオリジナルと言えます。

また、自分で作るとしても素材選びからはじめて
一からモノ作りをする必要もありません。

自分の創りたいイメージを
その道のプロに伝えるだけで製作はプロに任せて
自分だけのオリジナルを作る事も出来ます。

さすがに素材選びからはじめて、一から作るとなるとハードルはかなり高いと思います。

私は、モノ創りが好きなので出来そうなモノは
DIYで作ってしまいますが、創る事が好きな自分でも
製作時間が掛かってしまうので、
一から作る事は、それなりに負担になります。

でも、例えば、何項目かの中から、何点かを選ぶだけの
チョイス/セレクト型で
オリジナルの商品を注文出来るのであれば、簡単ですよね。

ハードルも高くないです。

私は、「自分だけの」という言葉に非常に弱いタイプなので
簡単に作れるのであれば、すぐに作ってしまいます。

革小物に文字を刻印出来たりするモノやオリジナルTシャツなど
あと、ナイキのスニーカーは簡単に項目から柄・素材等を選んで
「世界に一つだけ」と実感出来るようなスニーカーが作れるので
最近はナイキのスニーカーは既製品を買わずに
オリジナルのモノを作ります。


自分だけのオリジナルは、「世界に一つだけ」という魅力もあります。

簡単に作れるから、作る過程も楽しくなります。


オリジナルを素材選びからはじめて、
一から作るとなるとハードルが高いという事はお話させて頂きましたが、
一から作るオリジナルは、ハードルが高くなるだけではなく
製作途中の工程でも、何かしらの問題が起き、
完成に至るまでは、楽しい事ばかりではないでしょう。

完成した際には、途中の問題も良い思い出になりますが
問題が大きすぎて完成に至らない時のショックは計り知れません。

その一方で、簡単に作れるチョイス/セレクト型であれば、
完成に至るまでの過程も、一から作るモノと大きく異なります。


私が、なぜ、すぐにオリジナルを作ってしまうのかと言いますと
もちろん、自分だけのオリジナルのモノが好きという事が一番ですが、
ナイキのスニーカーのように項目から柄・素材等を選んで
簡単にオリジナルが作れると
注文するまでの過程も非常に楽しい時間となります。

この途中の楽しさが、すぐにオリジナルを作ってしまうもう一つの理由です。

 

 

作ってみると分かる、オリジナルを作る楽しさと難しさ

 


オリジナルの商品を作った経験がある方は、
私のように製作や発注の途中過程も楽しいと感じる方も多いでしょう。

ただ、もし、いざ出来上がってきた商品が
自分のイメージしていたモノと大きく違っていたらどうでしょうか?

例えば、自分が考えていたイメージよりも完成したモノの
希望した文字が大きく主張しすぎていたらどうですか?
恥ずかしくて使えないかも知れませんね。

手にする前、見た瞬間にショックでしょうね。

楽しい気分で作っていた、あの途中の楽しい時間も
何だったんだろうと思ってしまいますよね。

私もいろんなオリジナルを作っているので
このような苦い失敗を経験した事は何回かございます。

では、なぜこのようなしたくない失敗をしてしまうんでしょうか。

一番の原因は、正確な完成イメージが出来てないという事だと思います。

オリジナルを作る際は、みなさん最終的な完成イメージを創造して作ると思いますし
完成イメージ無しで作る事はしないでしょう。

この最終的な完成イメージを如何に実際の出来上がり商品に近づけるかが
オリジナル商品を受注する側の責任だと思います。

この責任に対して、努力を怠る事は無責任で非常に不親切だと思います。


私は、自分が経験した失敗からも
オリジナル商品を受注する側として

発注者様がイメージする完成イメージと
実際に完成した商品が 「イメージ通りの仕上がり」と言って頂けるように
日々、分かりやすく完成イメージを伝えられるように模索しております。

次回は、ネックストラップをオリジナルで発注する際の具体的な例を紹介させて頂こうかと思います。

ネックストラップに関するお悩みはこちら

ネックストラップのこんな事で悩み解決しませんか。


・もっと便利にストラップの使いたい
・ネックストラップをつけると肩がこって痛い
・毎日使うのですぐにボロボロになる
・ネックストラップの臭いが気になる
・おしゃれなストラップが欲しい。

私たちはネックストラップに関するスペシャリストです。
ぜひお悩みをお聞かせください。

繊維素材ではない抗菌ストラップ

こだわりのネックストラップネームワンへ

イメージを形にしたい方はコチラ

この内容で送信します。よろしいですか?