こだわりネックストラップのネームワン

毎日お使いのストラップ
不満や悩みはありませんか?
ネームワンは毎日使うモノだから
いつも快適に使って欲しい
そんな想いで
より良い情報を発信していきます。

Original

イメージに合ったネックストラップを使おう

 

 

 

 

 


こんにちはスタッフの石川です。

やっと気候も落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね!
そんな中私は某テーマパークに遊びに行ってきました。

美味しい物を食べて、アトラクションを楽しんだり、現実を忘れて楽しめるっていいですよね!

しかしふと気づいたことがあって職業病なのかネックストラップに目がいってしまいます。
実はビジネスのイメージが強いネックストラップですが、テーマパークのポップコーンバケットやポーチなどにも
よく使われているんですね。

そこで今回は使われている理由とイメージのお話をします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

よく使われている紐のは2種類

 

 


テーマパークなどでよく使われる紐は大きく分けて2種類が使われていて、
平紐袋紐この2種類です。

上が平紐、下が袋紐です。

 

素材は両方ともポリエステルが多いのですが、着け心地と汎用性、安価、といった所から選ばれているのでしょうね。

着け心地としては麻や綿、カメラなどに使われるネックストラップよりも”ふんわり”とした感じで、
子供でも着けれるものが多いです。

使用されている物で言うと、

ポップコーンバケットやドリンクボトルなどには平紐

ポーチやパスケースなどには袋紐

が使われています。

 

 

なんで使い分けるの?

 

 


耐久度というものがありますが、やはり一番はイメージです。

ポップコーンバケットって大体2000円くらいしますよね、そこに細い袋紐が付いていると...「え?安っちい
と思いませんか?

ポーチやパスケースだって太い紐が付いていると「そこまで紐主張しなくていいのに」なんて思いますよね。

それぞれに相応の紐があって、機能性もやはり大事なんですが、イメージを大切にすることが大事です。

 

 

平紐はフルカラーで印刷ができる紐なのでキャラや柄が紐全体を使って表現できます。
なので大きく見せたいときや、華やかにしたいときなどにピッタリです。

 


袋紐はというと、ポーチやパスケースなど、そのものを目立たせたい時によく合い、
着け心地は衣服のような感覚なので、ぬいぐるみを首からかけていても違和感がないんです。
印刷もロゴやキャラなどを部分に入れることができるのでちょっとしたオシャレもできますよね。

 

 

こういった見た目のイメージから使い分けているんです。

 

 

 

イメージを大切に

 

先端に付けるものと調和を取ったり、紐だけを目立たせたり、キャラのポーチなどを目立たせたかったりと、
イメージを大切にしてるんです。

 


これはテーマパークに限らず、色々な場面で使用する場合にも言えます。

「ネックストラップを広告として目立たせたい」場合はフルカラーで印刷ができる平紐

社員証はつけないといけないが、「ショップ店員としては服を目立たしたい」という場合は袋紐など。
もちろんフルカラーでブランドイメージに合わしたネックストラップをしている所もあるとは思いますが、
自分たちがどこまでイメージを大切にするかが大事なんです。


清潔さ、スタイリッシュ、華やかに、色々ありますが、自分たちが思い描くイメージとはなんだんだろう?
ということを今一度考えてみてほしいです。

 

 

まとめ

 

機能性も当然必要だが、企業イメージや自分たちが思い描くイメージを大切にすること!

印刷方法や紐の種類、幅などは自ずと出てきます。

以上「イメージに合ったネックストラップを使おう」でした。

ネックストラップに関するお悩みはこちら

ネックストラップのこんな事で悩み解決しませんか。


・もっと便利にストラップの使いたい
・ネックストラップをつけると肩がこって痛い
・毎日使うのですぐにボロボロになる
・ネックストラップの臭いが気になる
・おしゃれなストラップが欲しい。

私たちはネックストラップに関するスペシャリストです。
ぜひお悩みをお聞かせください。

繊維素材ではない抗菌ストラップ

こだわりのネックストラップネームワンへ

イメージを形にしたい方はコチラ